旅行情報や美容院・エステなどの写真と口コミ情報を紹介

列島情報館の口コミ情報

ブルーレイレコーダー 東芝

DBR-M180とDBR-M190の比較

投稿日:

TOSHIBAのハイスペックモデルである全部録画に対応したタイムシフトマシンを搭載したDBR-M180とDBR-M190を比較してみた。両社の違いはハードディスクの容量と消費電力。大きさと重量は多少違うけれども殆ど誤差のような程度。対応メデイアはどれも同じ。DBR-M180のハードディスクは2.5TB、DBR-M190のハードディスクは5TBとのこと。タイムシフトマシンで24時間6チャンネル一時保管した場合の視聴可能日数はDBR-M180のDRモードで1.5日、DBR-M190のDRモードで3日。ハードディスクが2TBあればかなりディスク容量が大きいと思える中で、5TBは相当な大きさにもかかわらず、直感的に録画できる時間は意外と短いという印象。とにかく見忘れたくないので録画し続けたいと思う場合には、このハイスペックモデルがおすすめ。予算に余裕がる場合やある程度撮りためておいて一気に見る場合にはハードディスクが大きいDBR-M190がおすすめ。頻繁に見ることがない場合や、少しでも安く全部録画環境を得たい場合にはDBR-M180がおすすめ。どちらのモデルも発売されたのは去年の12月なので、あと1ヶ月ほどで新製品が登場するかも。

製品名DBR-M180DBR-M190
写真
 発売日 2011/12/102011/12/22
 対応メディアBD-ROM
ブルーレイ3Dディスク
BD-R
BD-R DL
BD-R XL
BD-RE
BD-RE DL
BD-RE XL
DVD-R(録画はAVCRECのみ)
DVD-RW(録画はAVCRECのみ)
DVD-RAM(再生のみ)
DVD-R DL(録画はAVCRECのみ)
BD-ROM
ブルーレイ3Dディスク
BD-R
BD-R DL
BD-R XL
BD-RE
BD-RE DL
BD-RE XL
DVD-R(録画はAVCRECのみ)
DVD-RW(録画はAVCRECのみ)
DVD-RAM(再生のみ)
DVD-R DL(録画はAVCRECのみ)
地上デジタルチューナー 8(タイムシフト6 + W録) 8(タイムシフト6 + W録)
BSデジタルチューナー 2(W録) 2(W録)
CSデジタルチューナー 2(W録) 2(W録)
HDD容量5TB 2TB
LAN接続 LAN LAN / Wifi
HDMI
光デジタル音声出力端子
 サイズ(幅x高x奥 mm) 430x80x332 mm 430x80x336 mm
 重量 8 kg 8.3 kg
消費電力 動作時:85W(BSアンテナ/USB電源供給時:106W)
省エネ待機時:約0.4W
通常待機時:約3.2W
瞬速起動待機時:約65W
 動作時:79W(BSアンテナ/USB電源供給時:99W)
省エネ待機時:約0.4W
通常待機時:約3.2W
瞬速起動待機時:約60W
 対応SDカード ☓ ☓
USB-HDD録画 ◯ (タイムシフトマシンには使用不可。通常録画用) ◯ (タイムシフトマシンには使用不可。通常録画用)

 

-ブルーレイレコーダー, 東芝
-,

Copyright© 列島情報館の口コミ情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.