旅行情報や美容院・エステなどの写真と口コミ情報を紹介

列島情報館の口コミ情報

キャノン デジタルカメラ

EF-S18-135ISとEF-S18-55IS2とEF-S55-250IS2の比較

投稿日:

CANONのEOS Kiss X6iは3種類の交換レンズを選んで購入することができるので、それぞれどんな特徴がある交換レンズなのかを比較してみた。まず、EOS Kiss X6iはEF-Sレンズを取り付けられるとのこと。EF-SレンズはAPS-Cサイズの撮像素子に最適に鳴るように設計されたらしい。実はEF-Sマウントを採用しているカメラは多く、EOS 7D、EOS 60D、EOS 50D、EOS 40D、EOS 30D、EOS 20D、EOS 20Da、EOS Kiss X6i、EOS Kiss X5、EOS Kiss X4、EOS Kiss X3、EOS Kiss X2、EOS Kiss X50、EOS Kiss F、EOS KissデジタルX、EOS KissデジタルN、EOS Kissデジタルがある。ここで紹介するEF-Sレンズはこれらの本体にも取り付けができる。なので、もしまだこれらのレンズを所有していなければ、単体で購入することもできる。また、EOS Kiss X6iの場合はボディのみ、ボディとEF–S18–55mmセット、ボディとEF–S18–55mmとEF–S55–250mmセット、ボディとEF-S18-135mmセットの4種類のモデルがある。

レンズの型番にある18-55や55-250は被写体との距離の目安となる。実用面で言うと、値が小さいほど近距離に適しており、値が大きいほど遠距離に適している。EF–S18–55mmのレンズは3本のレンズのなかで、一番近距離用で人を写す場合には数メートル程度の距離の撮影に適している、EF–S55–250mmのレンズは一番遠距離用で人を写す場合には10メートル~20m程度の距離の撮影に適している。EF-S18-135mmは中近距離用といったところ人を写す場合には数メートル~10m程度の距離の撮影に適している。

ここで紹介したレンズは交換レンズとしては安価に作られているものの、撮影性能はキャノンのものだけあって比較的良いと言われている。特に、ここで紹介したレンズは動画撮影に最適化されているようだ。また、F値はEF-S18-135mmとEF–S18–55mmがF3.5-5.6、EF–S55–250mmがF4-5.6となっている。この値が小さいほど光を多く集光でき、大きいほど光をあまり集められないと言える。F値が小さい場合、被写体が動いていている場合や遠距離を撮影する場合であってもぶれにくく、F値が大きい場合、被写体が動いている場合や遠距離を撮影する場合にはぶれやすく、綺麗な写真が取りにくくなる。EF–S55–250mmのレンズは遠距離用ではあるが野鳥の撮影にはやや力不足で、このレンズを使って撮影した場合、かなり近づいて撮影すること、動いていないことが重要になる。でないと、とても見れたものでない写真となってしまう。もし、野鳥の撮影をしようと考えているのであれば、ここでは紹介しないが1本20万円以上するより高級なレンズを購入すると良い。

一見すると、比較的撮影できる距離の幅が広いEF-S18-135mmが3本のレンズの中で一番使い勝手が良いように見えるが、3本の中で一番レンズが重く、480gとなっている。一方、近距離用に特化されたEF–S18–55mmは200gと軽い。わずか280gの差ではあるが、実際に方にかけて持ち歩き続けると、この280gの差が顕著に感じることとなる。EF-S18-135mmのレンズは重いものをもつのに自信がある人や短時間しか持ち歩かない人向けといえる。

製品名 EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM EF–S18–55mm F3.5–5.6 IS II EF–S55–250mm F4–5.6 IS II
写真
発売日
 焦点距離 18-135mm 18–55mm 55–250mm
35mm換算焦点距離 29~216mm 29~88mm 88~400mm
 F値 F3.5-5.6 F3.5–5.6 F4–5.6
 フォーカス機構 STM(ステッピングモーター+リードスクリュー)
 フィルター径 67mm 58mm 58mm
 最大径×長さ φ76.6mm×96.0mm φ68.5mm×70mm φ70mm×108mm
 重さ 480g 200g 390g
 マウント EF-S EF-S EF-S

-キャノン, デジタルカメラ
-, , ,

Copyright© 列島情報館の口コミ情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.